丸の内リーマンが仮想通貨情報を発信します

投資銀行マンの仮想通貨教室

仮想通貨

2018年はトークンエコノミー元年。まだトークン通貨持ってないの?

更新日:

皆さんこんばんは。

今日は仮想通貨市場が全体的に軟調ですね。
いつものことなので落ち着いて買い増ししましょうね!!私はNEMを10万円買い増ししました。

さて本日は少し長期的な視点での投資のお話をしていきましょう。

今日のお題は「トークンエコノミーの繁栄」です!!
2018年はトークンエコノミーが爆発的に流行る年になると思いますね。

イーサリアムNEMXCPWAVES等の
トークンエコノミーを支える仮想通貨が価格を堅実に伸ばしていく。そんな年になるでしょう。

イーサリアムやNEMはコインチェックで買えます。WAVESはバイナンスで!!!

今すぐコインチェックに登録する!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

バイナンスでWAVESを買う!!

トークンエコノミーとは?

そもそもトークンエコノミーとは何でしょうか?

実は仮想通貨に限らず色々なところでトークンエコノミーは活用されています

そもそも「トークン」というのは、誰かが促したい行動が実行されると、それに伴って与えられるものです。(代替通貨とも言うそうです)
具体例としては、マイレージカードのマイル、楽天ショップで買い物した時にもらえる楽天ポイント等が該当します。

トークンそれ自体に明確に価値があるわけではなく、何かと交換できることが価値として認識されることが多いです。
楽天ポイントは日常生活で現金のようにどこでも利用できるわけではないですが、楽天の買い物でお金に実質引き換えられますよね。

トークン自体には価値がないのだけれど、トークンによって人が価値を感じるものの売買が行われ、
徐々にそのトークン自体が価値を持つようになる。これがトークンエコノミーの本質です。

仮想通貨におけるトークンエコノミーとは

では仮想通貨において形成されるトークンエコノミーとは一体どういった経済圏なのでしょうか?

本質は先述した「トークンエコノミー」と変わりませんが、仮想通貨の場合はトークン(コイン)がブロックチェーン上で発行され、
ブロックチェーン上で取引されることが一般的なトークンエコノミーと大きくことなる点と言えるでしょう。

先ほどの例で言えば、楽天ポイントは楽天に管理されていて「中央集権」で管理されるコインですが、
ブロックチェーン上で発行されるコインは「分散管理」されているコインとなる訳ですね。

そしてここからが非常に重要です・・・

仮想通貨で形成されるトークンエコノミーがなぜ革命的なのか?

それは、誰でも簡単にトークンを発行できることで、今までは価値が定量化されてこなかった
「世の中のありとあらゆるモノ・サービスが価値を持つ」可能性が生まれる点

この1点につきると私は強く主張したいです。

仮にあなたが32歳で年収400万円だったとしましょう。正直子供を産むには厳しい年収かも知れません。
今までのあなたは日本円というコインで形成される経済圏では評価されてこなかったかも知れません、あなたの才能や発想は日本円経済圏では需要がなかったのです。

しかし、仮に誰かがあなたが大得意なクソゲー探しに価値を見出して「クソコイン」を発行したとしましょう。(ひどい名前だ・・・)

日本円経済圏ではむしろ需要がなく在庫処理の棚にぶち込まれるクソゲーもこのクソコイン経済圏(クソトークンエコノミー)では絶大な価値を持ちます。
そしてこのクソゲーの面白さに共感する人たちがブロックチェーンで管理される経済圏に集い、クソゲーにまつわる経済活動を行うことでクソコインの時価総額も上昇する訳ですね。

ちなみにzaif社長の朝山氏は新年のあいさつでこんなことを言っていました。まさに実経済アセットのトークン化は現在進行形で進んでいます。
そしてそれは必ずしも今までの実経済で評価されていたものだけにとどまらないのです。

過去のプレスリリースを漁っていただけますとお分かりの通り、我々は2016年からずっとトークンエコノミーが到来していると言い続けています。ブロックチェーン上で発行されたトークンの量と価値が増大し、それらが流通する大きな経済圏ができるという意味です。(中略)
さて、私は常日頃、実用の面から見た、ビットコインが生み出したブロックチェーン技術最大の特徴は、「デジタルの希少性」、「絶対的な真贋性」、そして「絶対的な所有権」であり、その最大の改革が 「デジタルデータ」から「デジタル資産」への進化である、と話しております。
現在の仮想通貨時価総額の増大の要因を単なるブームやバブルと宣う記事が多いですがか、その裏ではICOを中心に、上記「デジタル資産革命」の流れによる実経済アセットのトークン化が加速していることを忘れてはならないでしょう。

トークンエコノミー時代の投資戦略

先から述べている通り、まずはこうしたトークンエコノミー発展の波にしっかりと乗るために、イーサリアム等の
トークンエコノミーのプラットフォームとなり得る通貨を中心にガチホを心がけることが一番簡単かと思います。

イケハヤ氏もこのことに言及しており、彼もまた長期ロング投資家の1人であります。

正直これ以上の戦略は現状ないといえるでしょう。
また、他にもNEM等の通貨も期待値が高いといえます。以下、zaif社長の朝山氏年始挨拶より引用。

手前味噌ではありますがNEMは今年に大きな成長を遂げると考えています。価値の記録、中心となるデジタルアセットとしてのビットコインに対して、コントラクトによる非中央集権化されたアプリケーション基盤となるEthereum。それらに次いで、私はNEMがトークンベースのコントラクト基盤になりうると見ています。

如何でしたでしょうか?私も今年中にトークンを発行してみたいですね!!

イーサリアム、NEMはコインチェックで買えます!!

今すぐコインチェックに登録する!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-仮想通貨

Copyright© 投資銀行マンの仮想通貨教室 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.